• HOME
  • Column
  • Word
  • 主日の御言葉「心と思いと命を尽くして主なる神を愛しなさい」

主日の御言葉「心と思いと命を尽くして主なる神を愛しなさい」

今週の御言葉は、神様をどのように愛するかを教えてくれる御言葉です。神様は天地万物を愛の目的を持って創造なさいました。特に、神様ご自身の姿に似せて創造した人間は、その目的を成す最高の存在です。

モーセの十戒の第一の戒めは偶像崇拝の禁止です。肉体を持たない神様と、「霊の愛」すなわち考えで愛をするためです。また、不品行や淫乱を厳しく戒められました。なぜでしょうか。考えで神様を愛しさえすれば、肉体はどうしようが関係なさそうにも見えます。

しかし、これは間違った認識です。肉体の実践がなければ、祈りも賛美も御言葉を聞くことすらもできません。考えで愛するからと言って何もしなければ、それは実体のない空虚な愛です。また、不品行や淫乱の戒めを守るために抑制ばかりしていては、辛いです。これでは美しい異性を創造した神様を恨んでしまいます(笑)

神様は「心と思いと命を尽くして主なる神を愛しなさい」と言いました。命を尽くすとは、肉体で実際に行うということです。観念的な実体のない愛ではなく、また単に肉体の欲の抑制の代わりに、肉体のすべての行ないを神様に捧げればいいのです。そのように神様を愛し実践するすべての人を、神様がより一層愛してくださると信じます。

関連記事一覧